Aftermath

Taka Ishii Gallery, Kyoto / 483 Nishigawa-cho Shimogyo-ku Kyoto #600-8325, Japan www.takaishiigallery.com
December 17, 2010 – February 5, 2011
Opening reception: Friday, December 17, 18:00 - 20:00

“A utopia minus a bottom, a place where the machines are idle, and the sun has turned to glass […]” (Robert Smithson, "A Tour of the Monuments of Passaic", Artforum, October 1967)

Taka Ishii Gallery Kyoto is pleased to announce Aftermath, a group exhibition curated by Simon Castets. The exhibition is based upon the twofold definition of its title, Aftermath, and conveys the somber meaning of the word (the consequences or aftereffects of an event, esp. when unpleasant) while alluding to its auspicious second sense (new grass growing after mowing or harvest). Dwelling upon a narrative of destruction / creation, the show brings forth the dramatic potency of residual elements, ex nihilo construction and renascent forms.


The exhibition will feature work by:


In addition to works by the aforementioned, the exhibition features excerpts from Michelangelo Antonioni's Zabriskie Point (1970) and the Lumière brothers' Demolition of a Wall (1896).


Aftermath

タカ・イシイギャラリー京都 / 〒600-8325 京都市下京区西側町483
www.takaishiigallery.com
2010年12月17日(金)- 2011年2月5日(土)
オープニング・レセプション:12月17日(金)18 – 20時

底なしのユートピア。そこは機械が意味を持たず、太陽が硝子と化した場所・・・
        ロバート・スミッソン 「A Tour of the Monuments of Passaic」 『Artforum』、1967年10月号 より

タカ・イシイギャラリー京都は、シモン・カステ氏のキュレーションによるグループ展、「Aftermath」を開催いたします。本展覧会のタイトル、「Aftermath」という言葉の定義は曖昧で、「草刈りや収穫の後に生え茂る若草」という縁起の良い意味を持ちながらも、一般的には「ある出来事から生じた結果・後遺症(特に不愉快なもの)」というネガティヴな意味で解釈されています。創造と破壊が織りなす物語を基礎とし、今回のグループ展は無からの創造や再生の形式といった、後遺症的要素のドラマチックな可能性を導き出します。


参加作家:


上記作家作品のほか、本展覧会ではミケランジェロ・アントニオーニ作『砂丘』(1970年)と、リュミエール兄弟作『壁の解体』(1896年)の一部を上映いたします。